原文: http://www.martinfowler.com/eaaCatalog/templateView.html

HTMLページにマーカを埋め込むことにより、情報をHTMLの形で表現する

解説の全文は『PofEAA』 350 ページを参照。

HTMLを吐くプログラムを書くのは、想像以上に難しい。 以前よりはマシになったが (FotranやPascalでの文字操作を覚えている方もいるだろう)、 文字列の生成や連結はいまだに骨が折れる。 作業量が少なければそれほど問題にはならないが、 全てのHTMLページを作成するとなると、 膨大なテキスト処理が必要となってくる。

静的な(リクエストによって変更する必要のない)HTMLページならば、 素晴らしいWYSIWGツールで作ればよい。 エディタでごりごりやるのが好きな我々みたいな人間でも、 テキストを打ってタグで囲めばよいのだから、 プログラムから文字列を生成させるよりも簡単だろう。

もちろん、ここで話題となっているのは、動的なWebページだ (データベースのクエリ結果などを受け取り、HTMLの中に埋め込んだもの)。 動的なページはリクエストによって見た目が変わるため、 通常のHTMLエディタではお手上げである。

最善の方法は、静的なページと同じにようにWebページを作ることである。 ただし、ページにはマーカーを埋め込んでおき、 それによって動的な情報をかき集める。 このとき、ページの静的な部分はテンプレートとして機能する。 私はこれを Template View と呼ぶね。


PofEAA index | パターンカタログの日本語版 | パターンカタログの英日対応表